保育士の資格の難易度について  
     
保育士という資格 保育士の資格の取り方 保育士の仕事内容 資格の難易度 リンク集 サイトマップ  
 
 
   保育士の資格の難易度について
 
資格の難易度  
item_line2.jpg(1157 byte)
保育士の国家試験の難易度はどのくらいなのでしょうか。試験内容は筆記試験が8教科9科目、実技は3科目から2科目選択となっています。ただし、試験内容については変更されることが多いため、その年の試験内容をしっかりと確認してください。すべての科目で6割以上の得点ができれば合格となります。そのため苦手分野を作らないことが大切です。実技試験については事前に課題を確認することができるため、しっかりと対策を取ることができます。

筆記試験が合格のカギを握るとされています。合格ラインが決められているため、幅広い分野について満遍なく勉強することが求められます。試験に出題される内容は一般教養から専門的なことまで幅広いです。もちろん、実技試験についてもきちんと対策を取らないと落ちてしまうことはあります。

筆記試験については一度合格すれば3年間はその科目は免除されます。そのため1回の受験で合格できなくても、筆記試験の負担を減らすことはできるでしょう。気になる合格率については、だいたい2割前後となっています。そのため国家試験としては狭き門といえるでしょう。合格基準は調整されることがありません。常に6割以上となっています。そのためその年の問題が難しければ落ちてしまう可能性が高くなります。しっかりと対策をしましょう。
item_line2.jpg(1157 byte)
 
 
Copyrightc2017 保育士の資格の難易度について All Rights Reserved.