保育士の資格の難易度について  
     
保育士という資格 保育士の資格の取り方 保育士の仕事内容 資格の難易度 リンク集 サイトマップ  
 
 
   保育士の資格の難易度について
 
保育士の資格の取り方  
item_line2.jpg(1157 byte)
保育士になるためには保育士の資格を取らなければいけません。その方法は主に2つあります。1つは保育士試験に合格することです。もう一つは保育士の養成機関に入り、そこで所定の課程や科目を履修して卒業することです。どちらかの方法によって保育士の資格を取得したならば、保育士登録を済ませることによって保育士として働けるようになります。

保育士の養成課程のある大学や短大、専門学校は日本全国にたくさんあります。この場合は国家試験を受験する必要はありません。決められた単位を履修して卒業することができれば、保育士の資格を得ることができるのです。学校の場合は保育士だけではなくて、幼稚園教諭や社会福祉士、小学校教諭などの資格も同時に取得できるところが多いです。そのため将来の進路が幅広くなるというメリットがあります。高校生の頃から保育士を目指していたという方は、こちらの方法を選択することが多いでしょう。

保育士試験を受ける方法を選択するならば、受験資格を満たしている必要があります。大学や短大などを卒業しているならば、学部や学科に関係なく受験することができます。年齢制限は存在しないため、保育士になりたいと思ったら年1回の国家試験を受けて合格すれば、保育士になれるのです。
item_line2.jpg(1157 byte)
 
 
Copyrightc2017 保育士の資格の難易度について All Rights Reserved.